1. トップページ
  2. 精油をご使用の前に必ずお読みください

精油を使用する際、かならず守って下さい。

  1. 飲んではいけません。
    ヨーロッパなどの医療機関では、医師の管理下で内服をすすめている場合がありますが、あくまで医師の専門的な指導のもとでおこなわれていること。独自の判断では、決して飲んではいけません。もし誤って飲んだ時は、すぐに大量の水で口をすすいで精油を吐き出し、病院に行きましょう。目に入ってしまった時も同様です。
  2. 直接肌につけてはいけません。
    精油は植物の成分が凝縮されているため、直接肌につけるには刺激が強すぎます。肌に使う時は、必ずキャリアオイルや水で希釈して使います。ただし、ラベンダーとティトリーだけは原液のまま肌につけることが可能。切り傷や火傷のときは、綿棒に染み込ませて患部に塗りましょう。
  3. 肌につける前にパッチテストをしましょう。
    ブレンドしたマッサージオイルを使用する前には、腕の内側に適量塗ってパッチテストを行います。24時間~48時間ほど放置し、肌が赤くなる、かゆくなるなどの異常が出たら、その精油の使用を中止します。敏感肌の人はキャリアオイルのみのパッチテストも行ったほうが安心です。
  4. 子供への使用には最善の注意を払いましょう。
    基本的に1歳以下の赤ちゃんへの精油の使用は控えます。子供は抵抗力が弱く、体重も少ないので、大人に比べて精油の影響を受けやすいといわれています。芳香浴などでアロマテラピーを楽しめますが、香りは控えめに。アロマバスやマッサージなどでは、使う精油の種類や量は充分注意し、パッチテストで安全性を確かめてから使用します。
  5. 効能と危険性を知って使いましょう。
    肌の弱い人は必ずパッチテストを行いましょう。柑橘系の精油は光毒性(紫外線の刺激でアレルギーを起こす)があるものもあります。妊娠中や高血圧の人、てんかんの人の精油の使用は、特に注意が必要です。マッサージを行う時は、する人される人両方に注意を払うことを忘れずに。家族の体調にも気をつけましょう。
  6. 火気に注意して扱いましょう。
    精油は引火する可能性があります。台所での使用には十分注意し、火を使うオイルウォーマーも正しい方法で使用しましょう。
  7. 冷暗所で保管しましょう。
    精油は光や熱、空気、湿気などの影響を受けやすく、成分が変化してしまいます。使用後は、すぐにキャップをしっかりと締め、バスルームなどに置かないようにします。また、子供やペットの手の届かないところで保管するようにしましょう。きちんとした保存状態での精油の使用期限は、2年から3年、開封後は1年です。(柑橘系は1年、開封後は6ヶ月未満)開封後はなるべく早く使い切るようにしましょう。

精油は、薬ではありません。

精油を取り扱う場合、上記注意事項を良く確認され、正しくお使いください。

様々な体や心の症状別使い方レシピ等をご紹介していますが、精油は薬ではありません。重い病気の方、慢性的な病気の方だけでなく、妊娠中の方など健康状態が気になる方は医師に相談してください。

精油を使用して生じた一切の損傷や負債、その他の責任は負いませんので、ご了承ください。

このページの先頭へ